イミダペプチド TBS夢の扉

TBS夢の扉でイミダペプチドが取り上げられた!

 

TBS夢の扉でイミダペプチドが取り上げられたのは、
「疲労大国ニッポンを救いたい」という番組です。

 

世界初の疲労のメカニズムを解明し、“疲れ”の数値化に成功した、
医学博士大阪市立大学教授の渡辺 恭良さんによるものです。

 

その始まりは1999年です。

 

疲労研究は国家プロジェクトとしてスタートしました。

 

これまでに国や企業から、30億円という莫大な費用が
投じられて進めらた研究です。

 

渡辺教授を中心とする研究チームは、疲労の
主な原因物質とされてきた「乳酸」が、むしろ疲れを取る役割があり、
疲労の原因には他のものであることを証明しました。

 

渡辺教授がそこまで研究に力をそぞぐきっかけとなったのは、
自身の過労によるものでした。

 

脳科学を専門としていた渡辺教授は、40代半ばにはすでに、
研究費13億円というとても重要なポストの脳科学研究リーダーを
任されることになります。

 

しかし、疲労がぬけない日々が1年間続き、
ついに、激しい腹痛に倒れることもありました。

 

自分が体験した“疲労”を解明したい! と決意した渡辺教授は、
納得がいくまでこの研究に人生をかけることを意識するのです。

 

疲れとは何か?なぜ、疲れるのか? 
この問題に真剣に取り組んだ渡辺教授は世界で初めて、
疲れを数値化することに成功しました。

 

そして、鶏の胸肉に含まれるイミダペプチドがその疲労回復に
とても効果的に働くことを発見します。

 

痛み、発熱、疲労は、私たちの体の三大生体アラームと呼ばれ、
体の異常を知らせるとても重要な症状です。

 

しかし、疲労に関してはあまり研究も進められず、
深刻な疾患の原因になるということを立証することは
簡単ではありませんでした。

 

渡辺教授により、さらに健康を追求した研究が行われていくでしょう。

 

過労死などが問題視されるようになった現在、
体の疲労は見逃すことはできません。

 

そのためにもイミダペプチドを充分にとることは、疲労回復を
しやすい体を作る為にも私たちには重要となるのです。

 

私の経験談ですが、この番組を見てからイミダペプチドを摂取する
重要性に気づき、毎日のメニューにイミダペプチドをたくさん摂取
するための工夫をしました。

 

鶏むね肉を大量購入して、たくさんのオリジナルレシピを
作りました。

 

中でも家族に人気だったのが、鶏団子汁と鶏団子の串焼きでした。

 

また、メニューに加えて、イミダペプチドサプリメントも購入して
家族で摂取しています。

 

一家の健康を支える母として気づいた変化は、
みんなが本当に病気をしなくなったし、ここ一番で
頑張れるようになったことです。

 

疲れが出て病気になったり、夏バテなどがなくなったんです。

 

イミダペプチドの威力!恐るべし!です。^^