イミダペプチド 疲労回復

イミダペプチドを多く含む食品BEST5とは?

 

 

疲れの回復や、体のエネルギー源となるイミダペプチドですが、
毎日の食事からとる事も可能です。

 

食品に含まれているイミダペプチドは、調理方法によりカロリーを調整しながら、
体に負担がないようにとる事は可能です。

 

では、どんな食品にイミダペプチドが多く含まれているのでしょうか。

 

では、BEST5をご紹介します!

 

鶏肉
 

イミダペプチドは、アミノ酸に含まれている成分ですが、
その中でもカルノシンというアミノ酸は、私たちの体にも
存在する成分で、鶏肉にはこのカルノシンが多く含まれていることが分かっています。

 

 

たんぱく質も豊富な鶏肉は、脂肪分も空くないために、筋力を付けるにも効果的です。

 

鶏肉の中でイミダペプチド多く含む部位は、むね肉です。

 

マグロ
 

マグロは回遊魚として特に尾びれにイミダペプチドが多く
含まれていることが分かっています。

 

マグロは血液をつくるにも効果的な食べ物ですが、
疲労回復にもなる効果的な食べ物です。

 

そして、同様にかつおも回遊魚としてイミダペプチドが多く含まれています。

 

鯨(くじら)
 

鯨はバレニンというアミノ酸が多く含まれている食べ物ですが、
あまり市場に出回ることも少ない為に、魚を食べるとしたら、
同様にイミダペプチドが多く含まれた、マグロやかつおなども効果がありますね。

 

牛肉や豚肉
 

鶏肉についでやはり牛肉や豚肉にもアミノ酸のカルノシンが
多く含まれています。

 

肉を調理するときには脂肪など気をつけないと、取り過ぎは、
肥満の原因にもなりますので、調理方法や、肉の脂肪分を
落とすなどの工夫をするといいですね。

 

 

羊の肉には、アミノ酸のカルノシンとアンセリンが
同僚の割合で配合されています。

 

羊はくせのある味が特徴ですが、イミダペプチドを
多く含んでいる為に、疲労回復に食べると良いでしょう。

 

このように肉食には、イミダペプチドが多く含まれていることが分かります。

 

しかし、油を使いすぎた調理方法などではカロリーの摂り過ぎになりますので、
気をつけて食生活に取り入れるようにしましょう。

 

 

    イミダペプチドサプリを飲んで管理人の慢性疲労感は、はたしてどうなるのか……?

 

「イミダペプチド」疲労対策サプリメント体験談を読む

 

 

    通販で売れているイミダペプチドサプリが大集合!実感力で選ぶなら……

 

 

 

    「イミダペプチド」サプリメントを今すぐ注文するなら……
【送料無料】「イミダペプチド」サプリメント